島唄ブログ

島唄ブログ

人が人を繋ぐ

先週末は岐阜での出張稽古がありました。 岐阜支部の稽古では弟子達が毎回その季節の岐阜の名花(今回はアリストメリア・トルコききょう)の飾りや銘菓(水まんじゅう)の差し入れがあってその土地感や空気が伝わり異郷の里を味わうことができ...
島唄ブログ

5月15日は沖縄が日本に帰った「復帰の日」

5月15日は1972年、沖縄がアメリカ統治下から施政権が返還された日。今日で「復帰の日」から47年となる。 野里 洋さん(1942石川県金沢市生まれ、法政大学法学部卒業、67年琉球新報社入社、著書も多冊)著者の『沖縄力の時代』に「何故...
島唄ブログ

習うことが上達の極意

毎週木曜日14:00から一時間愚生が担当し放送しているFM石垣サンサンラジオ「歌マール」では八重山の諺を紹介するコーナーがある。 八重山の言語(島ムニ=方言)は世界的に絶滅の危機があるので、普及活動の一環として紹介している。島の諺は強い民...
島唄ブログ

琉球音楽祭・大成功

宮良長包音楽賞受賞者コンサートシリーズ 『琉球音楽祭』~第一弾ビッグバンドと沖縄への愛~ は無事、大盛況の内に終了しました。 沖縄JAZZ協会の素晴らしいサウンド、沖縄にいろんな意味で貢献されている宮沢和史、渋い歌声を披露して...
島唄ブログ

コザのうた祭り

「11回コザ・てるりん祭」は21日は無事終了しました。 長時間にもかかわらずぎっしりと会場は民謡ファンで 埋め尽くされ、代わり代わる出演する歌者の歌に合わせて踊ったり手拍子したり最後まで大盛りでした。 毎年愚生の出...
島唄ブログ

県産三線ブランド化会議終了

遅ればせながら先月の2日「県産三線普及ブランド化会議」最後の会議報告会とシンポジウムが県立博物館でありました。 委員のみなさん 園原 謙、大城学、鈴木修司、谷口真吾、比嘉康春、 平田大一、照喜納朝一、知名定男、宮沢和史...
島唄ブログ

てるりんさんとライト兄弟

今週末の21日・日「11回 コザ・テルリン祭2019」がやってきます。 古い話で申し訳ないが、高校時代(1966)年、郷土芸能クラブの部活で活動していたころ 山里勇吉師匠の紹介で照屋林助(愛称てるりん)さんともご縁を持つこと...
島唄ブログ

平成末に思う

平成30年間で流行った歌の世論調査を共同通信社がおこなったところ 平成のミュージックシーン、すなわち「平成に流行した歌」の一覧が発表された。 平成で最も好きな歌に選ばれたのはSMAPの「世界に一つだけの花」であった。 我がウチナー...
島唄ブログ

匂いと風を思う

匂いは風にのって奔放し動まわる。 強固な管理社会、無菌社会ではじゃまものあつかいされがちである 一昔は様々なにおいが町中満ちていた。 都会でも秋になれば路地裏でサンマのにおいが漂い、 ゴミの排せつ物、小便や人々の...
島唄ブログ

4月1日新年度

新しい世替わりの幕開け 新元号は「令和」(れいわ)と発表された。 出典は日本の古い和歌集である「万葉集」の中から引用されたそうですね。 安倍首相は談話で「人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ...