食(ふぉ)すどぅ力(食べるのがパワーである)~石垣島の諺~

四日間、東京でグルメ満喫しました。

初日は銀座にある日本一天然ウナギが一番美味しいという「宮田岩」
にIさんに案内されました。もう言葉が出ないくらい
柔らかくて極上の美味しさであった。
ご馳走さんでした。

新宿区神楽坂に江戸城のお堀に水辺に白亜の門をくぐるとデッキに浮かぶオシャレなイタリアンレストラン「カナルカフェ」にお邪魔した。人気ある店なので弟子のYさんが予め予約しておいたのでリッチな気分で入れた。教師3名と愚生夫婦で至福な時間を過ごしました。
ご馳走さんでした。

最終日は人数を制限しての晩餐会は神田にある沖縄料理・沖縄そば専門の「読谷食堂」看板名のとおり女将さんは
読谷村出身の宮原さん夫婦が切り盛りするアットホームな雰囲気の店でした。
旦那(マスター)さんは永年修行を積んだだけあってどの沖縄料理はどれもティーアンダ(味が抜群・味クーター)であった。
沖縄の麵を使ってのアレンジ料理も美味しかったです。

それもそのはず麵は南風花食品の生麵をそばを使っているからである。
写真載せてない料理があります。ジーマーミトーフが出ておりました。

南風花食品の仲筋信夫さんの家族には、たいへんお世話になりました。
笑いが絶えない至福の時間でした。ご馳走さんでした。シカイトゥ・ニファイユー!!(ありがとうございました)
是非「読谷食堂」にはまた行きたいです。

断っておきますが、東京では毎回そのようなグルメ
している訳ではありません。
誤解のないように断っておきますが、
今年2022年の新春と初興しというカリー(嘉利・縁起景気)を付けるため今回は特別と
いうことで投稿させていただきました。