気になる木

今日の10月8日は「十」と「八」を組み合わせると「木」の字になることから。

「木の良さを見直す日」と日本木材青壮年団体連合会が1977(昭和52)年に提唱し

10月8日は「木の日」となったそうです。

北海道の珍しい木を紹介しよう。

紅葉になったナナカマド

3年前、北海道に出張稽古で行ったとき「ナナカマド」の美しい木を観て

感動したことを覚えている。花名の由来は参考書の説明によると、

「七竈(ナナカマド)」は「木が燃えにくく、七度カマドにくべても灰にならない」

という意味が有力説だそうです。

他にも「七度焼くと良質の炭になる」といった説もあると云う。

北海道の弟子に教えて貰った。

ひょっとして七回と云うより八重山の「とぅばらーま」歌詞の

「ナナケーラ」(何度も?)の「ナナ」と同義語かも知れませんね?

元々は山地に生えますが、成長が早いので公園や街路樹としても植えられ

葉は鳥の羽のように細かい葉が集まっていて、秋には紅葉になる、

実は赤く熟し葉がなくなっても実はのこる

ナナカマドの花言葉は「慎重」「賢明」「私はあなたを見守る」。

いかにも北の大地で育つ木のようだ。

当たり前のことであるが「ところ変われば木も変わる」

旅先地で「この木なんの木気になる木」樹木を観察するのが

愚生は好きだ。その土地の風土と歴史を感じさせてくれからだ。

また本日放送した石垣さんさんラジオ「歌マール」では八重山民謡の

中に木が登場し広く歌われてきた歌達を集めて紹介した。

因みに南国沖縄の木・・

この木何の木?
ガジマルです。

とっくりキワタ
一名南洋さくら
アルゼンチンでは「よっぱらいの木」と云われている。