コロナでんさ節

 

全国大哲会会員の皆様、GWいかがお過ごしでしょうか。

新型コロナが世界中猖獗(しょうけつ)を極めている

昨今。関連する目新し横文字専門用語がはびこり

ディキランヌー(無能)な愚生は辞典が手放せない今日この頃です。
先に「八重山うた会・大哲会」が企画した「O-15デンサ節歌詞コンテスト」募集の〆切りまで後10日と迫りましたが、愚生も「三線組合ゆいまーる」の為に「コロナでんさ節」を作詩してみました。皆さんの歌詞をづくりの参考になればと思い紹介します。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
でんさ節(コロナバージョン)
1,うしうしにコロナや 弥勒世ゆくぶしょうり
  天ぬ下までぃん闇世(やみゆ)なりねーぬデンサ
※(突然コロナが平和な世を壊し世界中までも

闇の世にさせてしまった)・うしうし(突然)

・天ぬ下(世界中)

・くぶしょうり(崩してしまった)

2,人ぬ上で思うな 己(どぅ)ぬ上で思い
  コロナゆ 油断すーッかー己にどぅかかるーデンサ
※(コロナは人ごとではなよ己の事と思え

油断すると己に襲ってくる)

3、やーぐまりぅ(家こもり)ゆ守り 

  命どぅ宝バザミリ
  けーらとぅまーぞん コロナヤフゆ晴らさデンサ
※(ステイホームを守り 命の宝を繋ぎ

皆と一緒にコロナの厄を晴らそう)
・けーらとぅ(皆様と)・まーぞん(一緒)

・バザミリ(繋ぐ)・ヤフ(厄)

※ 因みに八重山では家籠もりは「ヤーグマリゥ」

沖縄本島では「ヤーグマイ」になります。

4,まーぞん力ゆあーしょるっかー
  コロナやぴぃんぎーどぅす
  元ぬ暮らしゆ なーるす共にギバラナ デンサ
※(一緒に協力すればコロナは逃げていくよ

元の生活に戻れるよう共にがんばろう)
・あーしょっるっかー(あわすと)

・なるす(成る)

ーーー拙歌詞で失礼しました。

どうぞ 暦でのGW期間中

ヤーグリゥをそれぞれ楽しんでください。