さんしんの日

故与那覇朝大さん直筆原盤のポスター、琉球放送の壁に飾られておりました。上原直彦殿へ

 

昨日3・4『第29回ゆかる日 勝る日 さんしんの日』特別番組

RBCiラジオ9時間の生放送はあっという間に終わって了いました。

若狭島唄の会(若狭公民館三線サークル)も8時の時報に合わせて「かじゃでぃ風節」を合唱しました。

 

沖縄は誰もがみとめる「うた・さんしん」の島だと言っていいでしょう。

その数といい、種類といい、まさに「音楽王国」の名に相応しい。

音が漏れ、歌が流れるかりゆしの島は14,15世紀頃中国から伝わってきた三線を、

亜熱帯の光だと風と土の中で定着させ、「絃声一体」のスタイルを編み出し、

独特の音楽文化をつくりあげたたおやかさには驚かされる。

三線の一つ一つの素材を解釈し尚した技と知恵があった。

三線を弾けなくても絃の一音の「テーン」という弾きには、

沖縄の人と文化と歴史の模様が織られ誘(いざな)ってくれる。

風土の彫りがある。夢や希望や哀しみ、汗や涙や笑いをのせながら、

三線は私たちの日常を綾どり人と人を、島と島を結び国を繋ぎ、

三線音楽は進化し続ける。一つの楽器をめぐって、人が回り、

歴史が回り、人を結ぶ不思議な楽器だ。世替りの歴史、

唐ぬ世、大和世、アメリカ世、復帰の世をくくり抜け翻弄されながらも

独自の三線世を作り出し琉球からオキナワ・

Okinawaになるまで世界と対話ができる世になったことを

「ゆかる日 勝る日 さんしんの日」がそれを証明している。

来年は節目の30年、いまから楽しみにしております。

「さんしんの日まで後ーーー364日!」