島唄ブログ

島唄ブログ

豊年祭

石垣島の四ヶ字(しかあざ:登野城、大川・石垣・新川村)では豊年祭のことを「プーリゥ」と称しユーニンガイ(世願い)をする祭祀です。 「プーリゥ」の語源はプーノーリゥ(穂が実る)がプーリゥに転訛したという。 稲の収穫が7月の初旬ころ...
島唄ブログ

音は時を告げる

3月から始めたダビング作業は未だに続いています。 50年前からのレコード盤、録音してきたカセット、MD、DAT、CDと音楽媒体の変遷も著しく変化しておりますが、コンパクトになってもCDは毎年貯まる一方で狭い我が部屋を席巻、ここ...
島唄ブログ

高田光子さんを偲ぶ

94年オフノートから「ウチナージンタ」cdアルバムを企画した際、クラリネット奏者の大熊ワタルから日本一華のチンドン長谷川宣伝社(以前)の高田光子さんを紹介をして貰い「東京節」「沖縄を返せ」「カチューシャの唄」「ラッパ節」「満州娘」「さよなら...
島唄ブログ

令和元年の民謡コンクール

『第18回民謡コンクール』昨日(29日)から南部総合福祉センター(東風平在)での初日は午前9時から器楽(太鼓・笛・琴)審査、午後からは「三線」新人賞部門と優秀賞部門の前半、そして今日(30日)は優秀賞受験者後半と最高賞、大賞部門と厳...
島唄ブログ

全員合格目指して

29、30日開催の「民謡コンクール」まで出張特別稽古で全国支部を2月から巡回してきましたが、15日の関東合同(多摩、荒川、杉並、東関東)をもって終了いたしました。 嬉しいことには大哲会に新入会され新人賞にチャレンジする会員には有望...
島唄ブログ

音古知新

先月末から1920(大正9)年に沖縄本島や宮古、八重山で歌謡を中心に採録された「北里録音蝋管(ろうかん)」の音声をCD11枚にトラックごと編集され県立図書館(昨年寄宮から移転し12新装オープン)で一般公開されたため昨日は視聴しに訪館...
島唄ブログ

バラの花と時間

昨日の6月9日(月)は語呂合わせで「ロックの日」である。 帰りの新幹線出発まで時間があったのでRSKバラ園「ロックガーデン」に連れて貰った。先月岐阜でバラ園を見損なったので、この時期に是非見てみたいと思い岡山支部を指導している中村...
島唄ブログ

巡回稽古in岡山

8日、広島支部の4名岡山支部へ合流しての稽古となった。 今回は会員の諸用と重なったこともあり欠席者が多かった。 それぞれ個人の課題曲面授の後はコンクール本番を想定しての立ち稽古。 本年度の岡山は新人部門2名...
島唄ブログ

怒涛の3日間コンサート

5月31日(金)札幌、島唄コンサート 6月1日(土)帯広島唄コンサート、 6月2日(日)「第6回ムジークフェストなら」 どちらも盛会裏に終了しました。 札幌、帯広、奈良の皆さん、ありがとうございました。 主催者(大哲会)の頑張りも...
島唄ブログ

コンクール前稽古巡回

「みなみ大阪」 25日(土)は南大阪支部の特別稽古が岸和田にある大型ショッピングモール内にある研修室での稽古であった。新しく入会された若い会員も増え、活気にみなぎっておりました。来月の民謡コンクールにも4名チャレンジ、頼もしい...