かがやいて70年!

母校である『石垣中学校創立70周年記念式典&祝賀会』が8日ありました。
石垣中は昭和24年創立され、これまで2万791名の卒業生を輩出、輝かしい歴史と伝統を築いております。

昭和36,37年石中野球が全琉を制覇したときに桟橋で旗頭をあげて選手を迎えたときの写真

生徒数が多いの校舎が足りなく、仮の茅葺き教室で勉強した。


生徒数がもっとも多かったのは昭和38年の2345名、48学級、生徒数が多いのでその翌年に石垣第二中学校に分離しております。
スポーツでは野球部が7度の県大会優勝など文化面では郷土芸能部の6度にわたる全国大会出場などが光ります。まさしく「文武両道」「一生懸命がかっこーいいが」をスローガンに指導者はじめ、保護者やOB、地域の方々の温かく力強い支援のお陰で輝かし実績を現在も築きあげている我が母校の70周年の式典と祝賀会に卒業生で全国的に活躍されていると言うことで具志堅用高と愚生二人が招待を受け、具志堅用高は特別講演、愚生は祝賀会特別プチコンサートで嘉利をつけ会場を盛り上げました。(写真は届く次第UPします)

 

苗子、具志堅、愚生、校長の宮良信浩

 

元気いっぱい在校生による郷土芸能

新川婦人会「まへーらつ」の舞踊で花を添えてくれました。

 

改めて70周年おめでとうございます!!
母校に少しでも恩返しができて大変誉れなことでした。
益々母校の発展をお祈りしております。